吉野信子カタカムナ講演会inバンクーバー
By Nijiyume Follow | Public

2017年6月28日(水曜日)バンクーバーにて日本からカタカムナ研究家の吉野信子先生を招いてカタカムナ講演会を昼と夜の2部制にて開催致します。

☆昼の部はアレキサンダー日本語学校(予定)にて午前11時から午後12時半の90分の講演です。
☆夜の部はPan Pacific Hotel Sasaki Art Garallyにて午後6時から午後7時半の90分の講演です。

〜カタカムナとは〜
上古代(縄文以前)の日本で栄えた高度な文明の名であるとされています。カタカムナ文字は四十八音の幾何学文字(図象文字)を渦巻き上に描き出している世界の古代文明でも類似文字は発見されていないものであります。最初のカタカムナ文献の発見者の楢崎皐月(ならさきこうげつ)はじめ数多くのカタカムナ研究者の中でも、世界中の言葉や現代語に共通した「言霊の法則」があることを発見されたのが吉野信子先生です。著書に「カタカムナ言霊の超法則」があります。今年2017年3月11日第2弾「カタカムナ数霊の超叡智」が出版されました。言葉には言霊というものが込められています。その言霊の仕組み、あるいはカタカムナの思念が分かれば人生のしくみ、生命の神秘、宇宙の真理までが見えて来ます。日本語の源流四十八音の波動に込められた世界を少しでも皆様に垣間みて頂くように吉野信子先生が講演して頂くことになりました。バンクーバーにも世界の平和なるカタカムナの波動が響き渡りますように☆☆☆

吉野信子先生のプロフィール
カタカムナ研究家。1952年生まれ。日本航空国際客室乗務員を経て結婚し2男1女の母である。1999年シドニー在住時にオーストラリアの通訳翻訳業国家試験(NAATI)に合格。2003年より日本ゴールポールチームを通訳兼スタッフとしてサポート。2012年のロンドンパラリンピック大会ではカタカムナの思念を用いた言霊の力で、日本女子ゴールボールチームを念願の金メダル獲得へと導いた経歴の持ち主。現在、日本全国各地でカタカムナセミナーの講師として活躍中。

1 Follower
Video
Comments